車検代を安く済ませるコツ

車検を安く済ませるコツ

車検を安く済ませるコツ

 

突然ですが、皆さんは車検どうしていますか?

 

ディラー、近くのガソリンスタンド、中古車屋さんなどで車検をしていると思うのですが、毎回部品交換やオイル交換などで車検代が高いなっておもったことありませんか?

 

今回は、その車検代をめちゃくちゃ安く済ませる方法をお伝えしたいと思います。

 

実際に私も何度もガソリンスタンドやディーラーにお願いしていたのですが、本当に高すぎると思いました。

 

特にディーラは1度だけ出した事があるのですが、凄い高かったのでそれ以来ディーラに車検は出していません。

 

確かにしっかり整備などはしてくれるのですが、少し劣化が進んでいるだけで、部品を交換しておきましたとかなんだかんだで15万円くらい支払いました。

 

それから中古車屋さんやガソリンスタンドを利用するようになったのですが、それでも10万円、11万円くらいです。

 

そこでもっと安く済ませる方法、またはコツはないかと模索してると「ユーザー車検」というのを見つけました。

 

 

ユーザー車検って何?

 

ユーザー車検とは、簡単にいうと自分自身で車検を行うということです。ほとんどの方は、ディーラー・中古車屋さんといった業者にお願いするのですが、それを自分自身で行うというやり方です。

 

ユーザー車検は自分行うので、ディーラー・中古車屋さんにお願いするより、ぐっと費用を抑えることができます。

 

少しでも車検の費用を抑えたい!と思っている方にオススメです。

 

ただ、故障箇所など問題が見つかってしまうと、修理などに出さなければいけないのでその点だけ注意が必要です。

 

車になんの問題も無ければ、かなり早い時間で車検を終わらせることができます。

 

一応、制限時間というものが設けられていますが、初めて車検を出す方は、陸運局の整備士さんが色々と指導してくれるので安心してください。

 

 

ユーザー車検は誰でもできる?

 

結論からいいますと、運転免許証を持っている方だあれば、誰でも可能です。但し、オートマチック(AT)限定の方はマニュアル(MT)の車は運転不可能です。

 

ユーザー車検にはマニュアルがありますので、それを1つずつクリアしていけば良いだけですので、難しいことはありません

 

。ただ、ペーパードライバーやお年寄りの方は少しお時間がかかってしまうかも知れません。

 

万が一、わからないことがあった場合、近くにいるスタッフの方に聞いてみてください。

 

全ての項目をクリアすると車検は終わるのですが、あまりにも時間がかかってしまうと、次の日に回される可能性もあります。

 

これは、スムーズに進めるには回数を重ねて慣れていくしかありません。車検が終了したら、一度自宅に戻り、再度点検のやり方を思い出して復習すると良いと思います。

 

 

ユーザー車検を受ける前に

 

ユーザー車検を受ける前に車の確認をしておきましょう!

 

タイヤの点検

まずはタイヤの点検です。タイヤの溝の深さがどれくらいあるのか?これはタイヤに付いているスリップサイン(▲)のところを確認します。

 

また、ヒビ割れや、ガラスや釘か刺さっていないかなどの確認を行ってください。

 

ワイパーの確認

ワイパーゴムのヒビ割れや破損、劣化がどれくらい進んでいるか、ワイパーを回した際、しっかり拭き取れているかの確認が必要です。

 

ヘッドライトの確認

純正のライトであれば大丈夫ですが、社外のヘッドライトや車検未対応のヘッドライトは交換が必要になります。

 

また、電球が切れている場合は整備不良として捕まってしまうので、速やかに交換しましょう!

 

テールランプの確認

ヘッドライト同様、ブレーキランプ・バックランプ・ナンバー灯・ウインカーなどの電球切れ、ブレーキを踏み込んだ際にテールランプが反応するか確認してください。

 

エンジンルームの確認

ラジエター液の漏れ、ウィンドウォッシャー液の確認、その他ホースの劣化やヒビ割れ、エンジンオイルの汚れや漏れなどを確認してください。

 

初めてエンジンルームを見る方は、中がかなり汚れていると思いますので、雑巾で確認箇所をよく拭きながら確認してください。

 

こちらの内容を確認し、自分で直せるところなどはやっておきましょう。これくらいであれば自分で行ったほうが整備費用・部品代などが安く済みます。

 

 

ユーザー車検で準備する物

 

ユーザー車検を受ける前に、絶対に用意しておくものがあります。これらの書類を用意できないと、車検事態も受けることができませんので気をつけてください。

 

ユーザー車検を受ける前に準備するもの

 

車検証

車検証ですが、車に携帯するように義務付けられているものなので、ダッシュボードなどにあると思います。

 

この車検証ですが、携帯せずに自動車を運転した場合、50万円以下の罰金を取られてしまいますので気をつけてください。

 

自動車税納税証明書

各自動車の排気量によって金額は異なりますが、実際に車を所有している方に納税義務が発生します。

 

こちらも車検の際は必要になりますので、必ず期限内支払いをお願いします。

 

自動車重量税納付書

車検や構造等変更検査、新規登録検査の際に自動車重量税を納める為の書類です。忘れることがないように、印紙は運輸支局内でご購入したほうが良いです。

 

もし、紛失などした場合、車検を受けることが出来ませんので再発行してもらってください。再発行のやり方は、最寄りの県税事務所又は自動車税コールセンターで手続きを行ってください。

 

点検整備記録簿

点検整備記録簿は、車の点検を行った内容を記録する為の用紙のことです。点検整備記録簿は車検証と一緒になっていることが多いので確認してください。

 

自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責保険証も車検証同様、車に携帯することが義務づけられています。必ず車内に携帯して置かなければいけない書類は車検証などと一緒にして置くと良いです。

 

自賠責保険証を携帯せずに車を運転した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が取ら、点数も6点とかなりダメージが大きいので必ず確認してください。

 

一度、確認して頂き、新たに契約する必要がある方は保険会社代理店などで契約してください。

 

自動車検査票

これから車検を通す際に必ず必要になる書類です。ご自身の車が道路運送車両法の保安基準に合格している場合、合格印が印字されます。

 

例えば、保安基準外など書類に不備があった場合、その内容が記載されます。

 

検査レーンに並ぶ時に自動車検査票が必要になるのですぐ取り出せるようなところに置いておきましょう。

 

継続検査申請書

検査当日もしくは事前に運輸支局に行って用紙販売窓口で購入してください。

 

用紙代は数十円程度ですので、間違って記入してしまった場合のことも考え、2枚位購入したほうが良いと思います。

 

上記の書類が必要になります。ちょっと面倒臭いなって思うかも知れませんが、これは何処に車検を出しても必要になる書類です。

 

確かに、私もユーザー車検を通す時、自分で点検とか、書類を集めたりなど面倒だと思いましたが、これで3万、5万と安くなるならやった方がいいです。

 

 

でもやっぱり、車検だけのために会社を休めないし、自分で行う点検が面倒という方は「Goo車検」をおすすめします。

 

この「Goo車検」ですが、なかなか時間が取れない方に本当におすすめです。

 

わざわざディーラー、中古車屋さんなどに行く必要はありません。Goo車検の担当者があなたの自宅まで車を取りに行き、ちゃんと納車までしっかりと行ってくれるサービスです。

 

また、不安に思っていることがあれば、コンシェルジュがあるので納車の流れから全てサポートしてくれます。

 

お支払いも、クレジットカード・ATM決済(ペイジー)・銀行ネット決済(ネットバンキング)・後払い決済(アトディーネ)が可能ですし、銀行に行って現金を降ろさなくても自宅で完結してしまいます。

 

ちょっと手間もかかるし、面倒だな!と思う方は是非ご利用してみてください。

 

実際に車検を通した金額を見ても他のサービスに比べたら格安でサービスも充実しているのにも関わらずとても安い金額だと思います。

 

 

まとめ

 

今回お伝えした「ユーザー車検」ですが、自分で行うので車検の費用が安くなるというメリットがあります。

 

また、メンテナンスも自分で行うため、今まで知らなかった車のことが詳しくなり、自分でオイル交換や、ヘッドライト、テールランプなどの交換ができるようになります。

 

これとは逆にデメリットもあります。陸運局は平日だけしか営業していないので、もしユーザー車検をするのであれば、仕事を休んで行かなければいけません。

 

整備士の資格もないので、何処がどのように故障をしているかなどがわからない。

 

また、車検を通す際、時間がかかりすぎると次の日に回される場合もありますので、車検が切れる寸前に行くのではなく、少しゆとりをもってユーザー車検を行いましょう!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ